私達が使っているショートフラッグをお見せいたします。
ショートフラッグはバトンに旗が付いています。
シャフトといって旗の付いている部分が筒になっていて、くるくる回しても、まきつきが少ないのです。
持つ所はグリップといって、球になっています。手のひらを軽く握って、手のひらの中でやさしく抱きしめる感じです。
重さは1本約500グラムくらいです。

初めて持つ人にとっては、どうやって回すのか難しいかと思いますが、コツを覚えれば美しく回すことができます。
バトンとは違って、旗が付いている分、ダイナミックです。
パレードやマーチングをしていても、華麗です!!
体にそって回すには…。
彼女は初心者です。
二の腕をキープしてからだの前面、後面に回しています! 「なかなか手の中でまわせないなぁ・・・」
グリップの持ち方を教えています。
手のひらでやさしく抱きしめる感じです!!

練習風景です ショートフラッグ・基礎ダンス

説明文にも載せましたが、ショートフラッグバトンを2本持ち、曲にあわせてまわします。
両手の動きが必ずしも一緒ではありません。時計回しだったり、反時計回しだったり。

考えなくてはならないのが、旗の面なのです。
体の表面に沿ってまわすと、旗の面がきれいに正面向きになります。

また、上腕の使い方。
腕の関節、肩の関節をやわらかく使ったり、かちっととめたり。

ショートフラッグはポンポンより手具が大きく、
腕の使い方、旗の使い方の難易度が高い分、
ダイナミックに華麗に魅せることが可能なです。

P☆Dのコンセプトは輝きです。
ショートフラッグを持ち、演技をする、ダンスをする、笑顔になる
いろんなパワーを旗にこめて練習していきます!!

Leave a Reply

Your email address will not be published.

CAPTCHA